警備員です、最近ヒマが多くなっています。
by ovyrjojoop
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
病院で生活保護受給者“青田買..
at 2010-06-15 14:38
社民党 普天間移設の政府対処..
at 2010-06-03 19:58
宇宙ヨット「イカロス」も予定..
at 2010-05-27 17:11
「肩代わり」健保法改正案が成..
at 2010-05-18 21:24
「医療の場であってはならない..
at 2010-05-11 13:52
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


張ガイ

張闓(ちょうがい)後漢の人物。魏晋南北朝時代の人物。呉の重臣張昭の曾孫。東晋に仕えた。晋書に立伝されている。張闓 (後漢)張 闓(ちょう がい、生没年不詳)は、後漢末期の軍人。徐州牧陶謙に仕えた。 三国志武帝紀の注に引く「呉書」に拠れば都尉の官にあった。193年に徐州の戦乱を避けて、曹操の元へ逃れようとしていた父曹嵩の、道中護衛役として陶謙に派遣されるが、泰山付近の費・葉両県の境目で曹嵩を殺し、財物を奪って淮南に逃走したとされる。曹嵩殺害の経緯には諸説あり、信憑性は定かではない。また、後漢書陳敬王羨伝の注に引く謝承の「後漢書」に拠れば、袁術が197年に陳国に侵攻して、陳王の劉寵とその国相の駱俊を殺させた際、駱俊の下に使わした人物として、「部曲将張闓陽」の名があるが、これも「都尉張闓」と同一人物という確証はない。三国志演義の張闓小説『三国志演義』では「呉書」の説が採用され、張闓は曹嵩と曹徳ら家族を皆殺しにして逃走し、曹操による陶謙攻撃と徐州虐殺の呼び水にされている。また、元黄巾賊の残党ということになっている。関連項目三国志演義の人物の一覧 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E3%82%AC%E3%82%A4」より作成カテゴリ: 三国志の登場人物隠しカテゴリ: 人物関連のサブスタブ項目 | 中国の歴史関連のスタブ項目

再診料引き下げ「理解も納得もできない」−日医(医療介護CBニュース)
「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警(産経新聞)
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証−足利事件再審公判(時事通信)
<大雪>新潟市の積雪、26年ぶり80センチ超す(毎日新聞)
土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から−資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
[PR]
by ovyrjojoop | 2010-03-02 02:12
<< アフリカ開発協会40周年セミナ... 自動車用電線でカルテルか 公取... >>